コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルジッチ Marin Držiĉ

世界大百科事典 第2版の解説

ドルジッチ【Marin Držiĉ】

1505‐67
ユーゴスラビア劇作家ドゥブロブニクの生れ。シエナで教会法を学び,後に学寮長,副学長まで務めるが,短気が災いして辞する。初めペトラルカ風の詩作をするがうまくゆかず,牧歌的な劇作,とりわけ喜劇に転じて大成功をおさめた。代表作《マロエ叔父さん》(1551初演)は,吝嗇(りんしよく)家の父と放蕩息子が家僕女中機知に翻弄される楽しいもので,今日でもしばしば上演されている。晩年は失意のうちにベネチアで没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドルジッチの言及

【ドゥブロブニク】より

…貴族層がイタリア語,ラテン語を常用していたこともあって,同時代のイタリア文学から圧倒的な影響を受けていた。やがて平民ドルジッチMarin Držić(1508‐67)はクロアチア語で喜劇《マロエ叔父さん》(1551初演)を書き,独自の文学を生み,貴族グンドゥリッチはスラブ人の対オスマン・トルコ戦争を叙事詩《オスマン》(未完)に再現した。18世紀はそれでも海上貿易が復興の兆しを見せた。…

【ユーゴスラビア】より

…15世紀にはペトラルカなどイタリア人作家の影響を受けて,詩歌,戯曲,散文に新しい傾向の作品が生まれた。16世紀に入るとドゥブロブニクを中心にスプリト,サダル,シベニク,フバル島などの海岸都市にルネサンス文学が花開き,マルリッチMarko Marulić(1450-1524),ルツィチHanibal Lucić(1485?-1553),ドルジッチらが輩出した。しかし,ドゥブロブニク文学は17世紀のグンドゥリッチで頂点に達し,その後衰弱した。…

※「ドルジッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドルジッチの関連キーワード近衛政家イワン梅枝イワン[3世]ビジャヤナガル王国イワンアルメイダイワン3世(大帝)後法興院政家記クレムリン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android