コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放蕩息子

2件 の用語解説(放蕩息子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

放蕩息子

ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージバランシンによるバレエ(1929)。原題《Le fils prodigue》。初演はディアギレフ率いるバレエ・リュス。音楽はプロコフィエフ。初演の舞台美術はジョルジュ・ルオーが手掛けた。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうとうむすこ【放蕩息子 Prodigal Son】

新約聖書《ルカによる福音書》(15:11~32)に記された,イエス・キリストによる譬(たとえ)話。ある人に2人の息子がいた。財産を分けてもらった弟は,遠国に出かけ放蕩のあげくに惨めな豚飼いにまで落ちたが,ついに回心して父のもとに帰り許しを乞うた。父は不憫に思い彼を迎え入れ祝宴を開く。これを見ていた兄は父の寛大な態度に抗議するが,父は〈お前はいつもわたしのそばにいて,わたしの物はみんなお前のものだ。しかし,弟はいったん死んだのち生き返ったのだから,喜び祝わずにおられないではないか〉と言った

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放蕩息子の関連情報