コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放蕩息子

デジタル大辞泉プラスの解説

放蕩息子

ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージ・バランシンによるバレエ(1929)。原題《Le fils prodigue》。初演はディアギレフ率いるバレエ・リュス。音楽はプロコフィエフ。初演の舞台美術はジョルジュ・ルオーが手掛けた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうとうむすこ【放蕩息子 Prodigal Son】

新約聖書《ルカによる福音書》(15:11~32)に記された,イエス・キリストによる(たとえ)話。ある人に2人の息子がいた。財産を分けてもらったは,遠国に出かけ放蕩のあげくに惨めな豚飼いにまで落ちたが,ついに回心してのもとに帰り許しを乞うた。父は不憫に思い彼を迎え入れ祝宴を開く。これを見ていた兄は父の寛大な態度に抗議するが,父は〈お前はいつもわたしのそばにいて,わたしの物はみんなお前のものだ。しかし,弟はいったん死んだのち生き返ったのだから,喜び祝わずにおられないではないか〉と言った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

放蕩息子の関連キーワードジャック リチャードソンスパニッシュ・ハーレムミハイル バリシニコフシメオン・ポロツキーマリア コウロスキーマニュエル ルグリハシント グラウイエス・キリストシャルル ジュドグンドゥリッチ夜への長い旅路シュミットボン放蕩息子の帰還ドビュッシーレンブラント毛氈をかぶる放蕩息子の譬ストーリーリファールバランチン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android