コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレイクの方程式 Drake's formula

法則の辞典の解説

ドレイクの方程式【Drake's formula】

宇宙文明方程式*,あるいは,グリーンバンク方程式*という別名もある.

地球と交信できるような宇宙文明の数(N)を推算するための方程式で,次のような積で表現されている.

NR×fp×ne×fl×fi×fc×L

ここで

R銀河系の中で1年間に誕生する星の数

fp:誕生した星が惑星をもつ確率

ne生命が生存できる環境を備えた惑星の数

fl:生存に適した惑星上で生命が発生する確率

fi:発生した生命が知性をもつ確率

fc:進化した生命が高度な技術文明を発達させる確率

L:技術文明が実際に通信を送ることが可能な年数

である.最初の3項は天体物理学的要因を,次の2項は生物学的な要因を,最後の2項は社会・文化的な要因を表している.実際にどのような数値を当てはめ得るかは議論の乱れるところである.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレイクの方程式
どれいくのほうていしき
Drake Equation

銀河系に星間通信できるような文明がどれくらいあるか、を推定する式。アメリカのドレイクFrank Drake(1930― )により1961年に提案された。
N=Ns × fp × ne × fl × fi × fc × L
 それぞれの記号の意味は以下のとおりである。
 Nは、銀河系にある星間通信できるような地球外文明の数。Nsは、銀河系に毎年生成する恒星数。fpは、その恒星に惑星系がある確率。neは、その惑星系で生命が存在可能な惑星数。flは、その惑星に生命が発生する確率。fiは、その生命が知的生物に進化する確率。fcは、その知的生物が星間通信できるような文明を発展できる確率。Lは、その文明を維持継続できる時間。
 Nは上記のNsのような各パラメータの取り方により大きく変わる。Nsからneまでのパラメータは最近だいぶ確からしい数値が観測されつつあるが、flからLまでのパラメータは不確実性が大きく正確なNが出せていない。とくに文明を維持継続できる時間であるLはむずかしく、Nは1から100万まで種々の値が提案されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドレイクの方程式の関連キーワードフェルミのパラドックス地球外知的生命体探査グリーンバンク方程式宇宙文明方程式

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android