コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーベル ドーベル Dobell, Sydney Thompson

1件 の用語解説(ドーベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーベル
ドーベル
Dobell, Sydney Thompson

[生]1824.4.5. ケント,クランブルック
[没]1874.8.22. グロスターシャー,ネールスワース
イギリスの詩人,批評家。筆名 Sydney Yendys。 W.E.エイトンのいわゆる「けいれん派」 Spasmodic Schoolの一人。抑圧されたイタリアへの同情を示した詩劇『ローマ人』 The Roman (1850) や,詩人とその妻を主題とした長詩『ボールダー』 Balder (54) ,クリミヤ戦争の影響を示す『戦時のイギリス』 England in Time of War (56) などの詩作のほか,エッセー集『芸術,哲学,宗教について』 Thoughts on Art,Philosophy and Religion (76) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーベルの関連キーワードエクランランケンマルケン島くらし発見ケント・ナノテック・4・KSボックス鳥取県産業観光米子大博覧会バクラーケンケンとびのけんちゃん倉石乾山クラーク・ケント

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーベルの関連情報