コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーリス ドーリス Dōris

翻訳|Dōris

2件 の用語解説(ドーリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーリス
ドーリス
Dōris

ギリシア中部,オイテー (現オイティ) 山とパルナソス山の山間,ケーピソス (現キフィソス) 川上流の古代の小地方名。伝説上,ドーリス人の故郷。テルモピュレの隘路を避けてマーリスフォキスを結ぶ道はドーリス地方を通っており,ペルシア (前 480) ,ガラティア (前 279) のギリシア侵攻の際用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーリス
どーりす
Doris

古代ギリシアの地域名。一つは中部ギリシアの小地域で、北方のマリス地方から南方のフォキス地方に抜ける通路をなし、ペロポネソス半島ドーリス人、とくにスパルタ人が、故郷の地とみなした。もう一つは、紀元前10世紀にギリシア本土のドーリス人が植民した小アジア南西部の地域で、今日ではボドルム(古代のハリカルナッソス)など本土部分はトルコ領、ロードス島など島嶼(とうしょ)部分はギリシア領になっている。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーリスの関連キーワードギリシア悲劇メソロンギオンエピステーメー措いてを措いて何をおいてもボイオティアオイティン音楽祭おいていかないでギリシア科学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーリスの関連情報