ナイキスト周波数(読み)ないきすとしゆうはすう,ないきすとしゅうはすう

カメラマン写真用語辞典の解説

ナイキスト周波数

 元来はオーディオ用語で、サンプリング音源の半分周波数が一番音質がいい(雑音がない)というところから来ている。デジタルカメラでは、撮像素子の画素ピッチから、おおざっぱに言うと解像力上限であるナイキスト周波数が計算できる。そして、このナイキスト周波数以上の解像力は特殊な処理をしないかぎり、超えることはできない。ナイキスト周波数の計算は1/画素ピッチ×2である。画素ピッチは撮像素子全体の大きさの一辺の長さを撮像素子の一辺の画素数で割り算したものである。たとえば、一辺の画素数が3,008ピクセルで、撮像素子の一辺の長さが23.7mmの場合、ナイキスト周波数は23.7÷3,008で、1mmあたり約79本ということになる。撮像素子が小さいコンパクトデジカメではそれだけナイキスト周波数が高くなるから、もともとのレンズの解像力も高めておく必要がある。たとえば、2/3型の撮像素子で8メガピクセル(800万画素)なら、ナイキスト周波数は約185本にもなる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナイキスト‐しゅうはすう〔‐シウハスウ〕【ナイキスト周波数】

Nyquist frequency》アナログ信号をデジタル信号に変換するときのサンプリング周波数の、1/2の周波数米国の物理学者ナイキストの標本化定理によれば、デジタル信号アナログ信号に復元する際、ナイキスト周波数以下の周波数成分については、正確に復元できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android