ナイキ

百科事典マイペディア「ナイキ」の解説

ナイキ

米陸軍の地対空ミサイル。初期のアジャックス,日本でも製品化されたハーキュリーズ,ABM(ミサイル迎撃ミサイル)のジュースなど各種ある。誘導はいずれも地上の誘導用レーダーからの指令によるコマンド方式。アジャックス以外は固体推進剤を使用。ハーキュリーズは核弾頭整備,射程130km,速力マッハ3であるが,日本の自衛隊用は非核弾頭。→パトリオット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のナイキの言及

【長沼ナイキ訴訟】より

…自衛隊の合憲性が争われた訴訟。防衛庁は,第三次防衛力整備計画の一環として北海道夕張郡長沼町に航空自衛隊の地対空誘導弾ナイキの基地を建設するために,1968年6月,同町所在の馬追山保安林について保安林指定の解除を申請したところ,農林大臣は,69年7月,この申請を認める処分を行った。これに対して,地元住民らは,違憲な自衛隊の基地建設のために保安林の指定解除処分を行うことは,森林法26条2項が保安林指定解除処分の要件として定めた〈公益上の理由〉を欠き違法であるとして,処分の取消しを求める訴えを提起した。…

※「ナイキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android