ナザレ人(読み)ナザレビト

世界大百科事典 第2版の解説

ナザレびと【ナザレ人 Nazarene】

〈ナザレ出身者〉を意味し,多くはガリラヤのナザレ出身のイエスに関して用いられる。しかし《使徒行伝》24章5節はキリスト教徒への侮蔑的な呼称としての用法を示しており,またマンダ教徒たちはみずからを〈ナザレ派〉と呼んだ。教会史上ではこの名は,主として2世紀前半にシリア地方に起こったユダヤ教的キリスト者の一団を指しており,彼らは《マタイによる福音書》のアラム語版ともいうべき《ナザレ人福音書》を著して自派の正典としたようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ナザレびと【ナザレ人】

新約聖書で、イエスとその弟子の称。
初代のキリスト教徒の呼称。
シリア地方のユダヤ人キリスト教徒やマンダ教徒などの自称。ナザレ派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のナザレ人の言及

【ナザレ】より

…旧約聖書には出てこない。新約聖書にある伝承によれば,イエスが成長し教育を受けた場所であり,そのため,イエスとその弟子たちは〈ナザレ人〉と呼ばれた(《使徒行伝》2:22,24:5)。今日でもユダヤ人はキリスト教徒のことを,ヘブライ語でノツリ,すなわち〈ナザレ人〉と呼ぶ。…

※「ナザレ人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android