ナジャフ(英語表記)An-Najaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナジャフ
An-Najaf

イラク中央部,ナジャフ県の県都。カルバラーとともにシーア派イスラム教二大聖地の一つ。バグダードの南約 160kmに位置する。ユーフラテス川の西 11kmに露出した岩脈上にあり,前面にイスラムの聖地ナジャフ沼沢地を見おろす。 791年にハールーン・アッラシードによって,この地にモスクが建てられたことに始るが,本格的な発展は 10世紀以降である。シーア派イスラム教徒の聖地,学術の中心として,いまも多数の巡礼者を集めている。市の中央にあるムハンマドの女婿で,シーア派の初代イマーム,第4代カリフ,アリーの墓をおおうペルシア風の大モスクは有名。人口 24万 2603 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナジャフ(Najaf)

イラク中部、ナジャフ州の都市。同州の州都。バグダッドの南約150キロメートル、ユーフラテス川中流域にある。イスラム教シーア派の聖地。アッバース朝第5代カリフのハールーン=アッラシードが建てた、シーア派初代イマームであるアリーの聖廟(せいびょう)がある。アンナジャフアルナジャフメシェッドアリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナジャフ

イラク中部,ユーフラテス川右岸の都市。第4代正統カリフであるアリーシーア派イスラムでは初代イマーム)の廟がある。カルバラーとともにシーア派最大の聖地として,イランをはじめ各地からの巡礼者が多い。30万9010人(1987)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナジャフ【Najaf】

イラクにおけるシーア派の聖地。クーファの南西方約10kmの地にある。人口30万9000(1987)。661年第4代カリフ,アリー(シーア派初代イマーム)はクーファで刺殺された。シーア派によると,アリーは遺体を汚されるのを恐れて,クーファ以外の地にひそかに埋葬するよう遺言したという。そこでナジャフが選ばれ,後に聖廟が建立された。シーア派にとってはカルバラーとともに最も重要な聖地で,巡礼地になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ナジャフ【Najaf】

イラク中部の都市。ユーフラテス川中流の西岸近くにある。イスラム教シーア派の聖地。シーア派初代カリフのアリーの墓がある。アンジャナフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナジャフ
なじゃふ
Najaf

イラク中央部の宗教都市。ナジャフ州の州都。正式にはアン・ナジャフAn-Najafという。アル・ナジャフ、メシェッド・アリMeshed Aliともいう。バグダードの南約150キロメートル、ユーフラテス川中流沿岸近くに位置する。人口30万9010(1987センサス)、58万5600(2003推計)。8世紀にアッバース朝カリフのハールーン・アッラシードがイスラム教シーア派初代イマームのアリーの墓廟(ぼびょう)を祭ったのが町の起源である。アリーの息子フセインの墓のあるカルバラーとともに、シーア派のもっとも神聖な巡礼地である。[原 隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナジャフの関連情報