コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナッザーム al-Naẓẓām, Ibrāhīm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナッザーム
al-Naẓẓām, Ibrāhīm

[生]775頃.バスラ
[没]845頃.バグダード
イスラム教ムータジラ派のなかでもユニークな思想家の一人。アブル・フザイル Abū al-Hudhaylの門人であったが,分れて一派をなした。アリストテレス形而上学の影響を受け,神を不動の動因者と考え,創造とは運動のなかにおかれることであると主張した。また神と被造物の行為との関係を,間接的には神に由来するものであるが,直接的な行為の原因は自然のなかにあると考えた。したがって人間には選択の自由があり,ここから道徳的な責任が生じると説いた。彼自身の手になる著作は伝わっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナッザームの関連キーワードコンスタンチヌス5世コンスタンティノス[5世]マンスールマンスール嫡出否認の訴えイサウリア朝コンスタンティノス(5世)三武一宗の法難消える集落大阪市臨海部の開発

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android