コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツアカネ Sympetrum darwinianum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツアカネ
Sympetrum darwinianum

トンボ目トンボ科。腹長 24~25mm,後翅長 25~30mm。普通のアカトンボで体は橙黄色,黒色条がある。雄は成熟すると体全体,複眼まで真赤になる。6月下旬から出現し,晩秋までみられる。日本全土,中国,朝鮮,台湾に分布する。近縁種のアキアカネ S. frequensは日本全土に最も普通な種で,6月下旬より低地に出現し,その後山地に移動し,秋になると再び低地に下る。成熟すると雄は腹部が赤化するが,雌では腹背が部分的に赤変するのみである。 (→トンボ類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツアカネ
なつあかね / 夏茜
[学]Sympetrum darwinianum

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。アキアカネとほぼ同大の種類で、夏だけに現れるものではなく、出現期もアキアカネとほぼ同様で、成熟した雄は全身赤色化する。[朝比奈正二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナツアカネの言及

【アカトンボ】より

…日本産の種はアジア大陸の北東部と共通のものが多い。一般に羽化したばかりの成虫では体の地色は全体黄褐色で,成熟によって赤色化するもの(アキアカネ,ナツアカネ,ミヤマアカネ,リスアカネ,マユタテアカネ,ネキトンボなど多数),黒色化するもの(ムツアカネ),青黒色で白粉を帯びるもの(ナニワトンボ)などがある。しかし雌は原則として羽化直後の黄褐色を保ち,例外的に赤化する個体がある(マユタテアカネなど)。…

※「ナツアカネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナツアカネの関連キーワード赤蜻蛉

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android