ナビエ=ストークスの方程式(読み)なびえすとーくすのほうていしき

世界大百科事典内のナビエ=ストークスの方程式の言及

【流体力学】より

… ニュートンの粘性法則に従う粘性流体の基礎方程式が導出され,実在の流体が粘性をもつことによる実験的事実を解明する基礎がきづかれるには,フランスのナビエLouis Marie Henri Navier(1785‐1836),G.G.ストークスを待たなければならなかった。ナビエ=ストークスの方程式がこれであって,オイラーの方程式を粘性0の特別な場合として含む,単純な流体に対する流体力学の基礎方程式がここに完成した。ただし方程式の非線形性のために,ストークスの近似の成り立つ,慣性項と粘性項の比(レーノルズ数といい,Reで表す)が小さい場合を除いては数値的な解法が必要であり,またReが大きくなると,O.レーノルズが円管内の流れの実験でみいだしたように整然とした層流から時空的に不規則で乱れた乱流に移行するという乱流解が含まれている。…

※「ナビエ=ストークスの方程式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android