コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビー・シュアイブ[山] Jabal al‐Nabī Shu‘ayb

世界大百科事典 第2版の解説

ナビー・シュアイブ[山]【Jabal al‐Nabī Shu‘ayb】

イエメン西部,サヌアバニー・マタル区にある山で,標高3760m。アラビア半島最高峰サウジアラビアアシール山地から続く高原地帯の高峰で,一帯にはところどころに3000m級の高山がある。高原地帯は南北に延びて西に海岸線へ続くティハーマ平野,東にルブー・アルハーリー砂漠へ続く平原を形成する。山麓では農耕が営まれ,頂上近くまで段々畑が続き,カート(麻酔性のある茶樹)などが栽培される。【塩尻 和子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のナビー・シュアイブ[山]の言及

【アラビア半島】より

… 地塊の傾動に加えて,半島の西縁では地殻運動によって生じた断層沿いに溶岩の噴出がみられ,いたるところに溶岩台地をつくりながら分水嶺の高度を一段と高めている。分水嶺山地は,北から順にヒジャーズ山地(1000m級),アシール山地(2000m級),イエメン山地(3000m級)と呼ばれ,最高峰はイエメン山地のハドゥールḤaḍūr(ナビー・シュアイブ)山(3760m)である。また,イエメン山地から東へ延びる半島南縁のハドラマウト山地も,南北の分水嶺をなし,その高度は2000mに達する。…

【イエメン】より

…ティハーマ平野は幅約50km,南北に延びる。高原地帯はサウジアラビアのアシール山地に続く高地で,標高1500~3000m,最高峰は3760mのハドゥール(ナビー・シュアイブNabī Shu‘ayb)山。東部砂漠はルブー・アルハーリーに続く標高1000mのゆるやかな台地である。…

※「ナビー・シュアイブ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone