コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミノコガイ Latona cuneata; wedge clam; coquina shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミノコガイ
Latona cuneata; wedge clam; coquina shell

軟体動物門二枚貝綱フジノハナガイ科。長 2.4cm,殻高 1.6cm,殻幅 0.9cm。殻は厚質堅固で三角形状。殻頂は後方へ寄り,前方が細長く,前縁は丸みを帯びる。殻色は白色から黒褐色まであり,個体変異が著しい。また殻表には放射帯がある。房総半島・能登半島以南,太平洋インド洋に広く分布している。潮間帯の砂底にすみ,潮が引くとき下方へ,満ちるとき上方へ移動し,潮周期活動をすることで知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミノコガイ
なみのこがい / 波の子貝
wedge clamcoquina shell
[学]Latona cuneata

軟体動物門二枚貝綱フジノハナガイ科の二枚貝。太平洋側は房総半島、日本海側は富山湾以南、インド洋、西太平洋に広く分布し、潮間帯の砂底にすみ、干満にしたがって波にのって移動する。すなわち、干潮時は沖のほうへ、満潮時は陸寄りにすみ場所を変える。このような習性からナミアソビ(波遊び)の古名もあるが、この習性は本科に属する貝に共通である。殻高16ミリ、殻長24ミリ、殻幅9ミリに達し、丸みのある三角形状で扁平(へんぺい)。殻は厚質で、殻頂は後方へ寄る。殻色は白色から黒褐色まで個体変異が著しく、放射状に色帯のある個体も多い。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナミノコガイの関連キーワードコキナピピ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android