コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラコーテ Naracoorte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラコーテ
Naracoorte

オーストラリア南部,サウスオーストラリア州東部,アデレードの南東 310kmにある町。哺乳類の化石群の発見で知られる。 1969年グラント・ガートレルらがナラコーテ近郊のビクトリア洞窟の中でチラコレオ (フクロライオン) の完全な骨格を発見した。その後カモノハシ,ハリモグラ,有袋類など,20万~1万 8000年前の頭蓋骨や顎の骨が何万点も発見された。そのなかにはすでに絶滅したチラコレオ・カルニフェクスもほぼ完全な骨格のまま発見されている。それらによって,オーストラリア南部がかつては湿潤な気候であったことが推測できる。 1994年オーストラリア北部で発見されたリバースリーの化石群とともに世界遺産の自然遺産に登録。人口 4712 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナラコーテ(Naracoorte)

オーストラリア、南オーストラリア州南東部、ライムストーンコーストにある化石地域。石灰岩質の大地に多くの洞窟があり、フクロライオンや史上最大のカンガルーであるプロコプトドンをはじめ、更新世の哺乳類化石が多く見つかり、国立公園に指定。クイーンズランド州リバースレーとともに、1994年に「オーストラリアの哺乳類化石地域」として世界遺産(自然遺産)に登録された。ナラコーアテ。ナラコート。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android