コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナローバンド なろーばんど

6件 の用語解説(ナローバンドの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ナローバンド

ブロードバンドの対となる用語で「狭帯域」、つまり速度が遅い通信回線のことを指す。数値としては明確な定義はないが、現在普及しているダイヤルアップ接続(最大56kbps)、ISDN(最大128kbps)程度の速度を指すことが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナロー‐バンド(narrow band)

低速な通信回線のこと。高速・大容量の通信回線を意味するブロードバンドに対する語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

ナローバンド

高速通信回線として「ブロードバンド」と呼ばれるのに対し、アナログ回線INS回線などの低速な通信回線のこと。一般的に、128kbps以下の回線をナローバンドと呼ぶ。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ナローバンド【narrow band】

低速・小容量の通信回線によるインターネット接続サービス。一般的に電話回線を用いるダイヤルアップ接続ISDN回線を指す。⇔ブロードバンド ◇「狭帯域」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ナローバンド【narrowband】

データ伝送の分野で、高速・大容量のブロードバンドに対して、低速・小容量の伝送。狭帯域。 → ブロードバンド

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナローバンド
なろーばんど
narrowband

インターネットで、比較的通信速度の遅い接続方式。狭帯域のこと。明確な定義はないが、毎秒128キロバイトないしは毎秒256キロバイト以下のダイヤルアップ接続やISDNをさすことが多く、毎秒1.5メガバイト以下の低速なADSL非対称デジタル加入者回線)を含めることもある。より高速なインターネット接続方式であるADSLやCATVFTTHなどのブロードバンド(広帯域)との対義語として使われる。
 時間単位の通信量が少ないため、データが大きな動画の視聴などには向かない。また、ブロードバンド回線が一般化してきたことで利用者は減少している。一方で、電話回線があれば利用できる、同時に複数の情報のやりとりが可能な多重化が容易、低位規格の伝送路で使えるなどの利点により、遠隔地などの一部地域やバックアップ用回線として利用されている。
 なお、帯域とは周波数の幅をさすもので一般的な単位はヘルツHzである。電波などでは帯域が広がればそれだけ多くの情報を送ることができる。本来は速度を表すものではないが、通信容量が異なればデータをやりとりする時間も違ってくるため、通信速度をイメージすることばとしても使われるようになった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナローバンドの関連キーワードデータ辞書二次データ質的データ量的データデータ処理データマンデータショーデータチェックデータマート公共データ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナローバンドの関連情報