コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンブーディリーパッド

世界大百科事典 第2版の解説

ナンブーディリーパッド【Elamkulam Mana Sankaram Namboodirīpad】

1909‐1998
インド,ケーララ州生れの共産主義者。M.K.ガンディーの民族運動への参加,国民会議派,社会党を経て1939年にインド共産党に入党した。57年にケーララ州で初めての共産党州政府を組織した。64年のインド共産党分裂に際して,国民会議派はインド人民に敵対する存在であるとする自主派のインド共産党(マルクス主義派)に移る。67年,再度ケーララ州首相となるが,78年以降は同党の全国組織の書記長として活躍してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナンブーディリーパッドの関連キーワードインド国民会議派

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android