コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーデルマン ナーデルマンNadelman, Elie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーデルマン
Nadelman, Elie

[生]1882.2.20. ワルシャワ
[没]1946.12.28. ニューヨーク
ポーランド生れのアメリカの彫刻家。宝石細工師の子。ワルシャワの美術学校で学び,ギリシアの古代彫刻と 18世紀のドイツの人形から強い影響を受ける。 1904年パリに行き,アカデミー・カロラッシで学んだ。 05年から人体を幾何学的曲線の連続体としてとらえる探究を始め,キュビスムの先駆といわれる革新的作風を確立。 09年パリ,11年ロンドン,15年ニューヨークの各個展でセンセーショナルな成功を収めた。 27年アメリカの市民権を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナーデルマンの関連キーワードボアソナード早稲田大学ジーモンディルクセンハルゼーフォンタネージプルーインブルリュークプレグランホイットニー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android