コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガクサ(苦草) ニガクサTeucrium japonicum; germander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニガクサ(苦草)
ニガクサ
Teucrium japonicum; germander

シソ科の多年草。日本全域と朝鮮半島に広く分布し,山野の少し湿ったところに生える。細長い地下茎がはい,茎は直立した四角柱状で高さ 70cmに達する。葉は対生し,長さ5~10cmの楕円状披針形でふぞろいな鋸歯をもち,裏面の脈上にまばらに毛を生じる。夏から初秋にかけて,茎の先端や上部の葉の基部から穂状に多数の淡紅色の唇形花を密につける。萼筒に腺毛を生じない。ツルニガクサ T. viscidium var. miquelianumニガクサに似ているが全体に小型で,花の萼筒に腺毛を密に生じる点で異なる。和名はニガクサであるが,葉や茎に苦みはない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone