ニケフォロス(1世)(読み)にけふぉろす(英語表記)Nikephoros Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ニケフォロス(1世)」の解説

ニケフォロス(1世)
にけふぉろす
Nikephoros Ⅰ
(?―811)

ビザンティン皇帝(在位802~811)。宮廷革命により退位した女帝イレーネにかわり、財務長官から即位。疲弊した財政立て直しのため、税金台帳の整備、納税連帯制の復活と強化、教会や修道院の所領の一部の国有化、高利子による富裕商人への強制貸付け、「カプニコン」とよばれる人頭税の徴収、テマ(軍管区)兵士の装備の連帯負担など多くの経済改革を断行した。またマケドニア、テッサロニキ、ドゥラキオンなどにテマを新設し、国防を固めた。ブルガリアのクルム王のセルディカ占領(809)に対し、討伐軍を指揮し、緒戦には勝ったが深追いし逆襲されて敗れ、自らもプリスカ近郊で戦死した。

[和田 廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android