コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テマ Tema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テマ
Tema

ガーナ南東部,ギニア湾にのぞむ港湾都市。アクラ東北東約 25kmに位置。ボルタ川開発計画の一環として開発された港は 2km2の水域を擁するアフリカ最大の人工港で,1962年完成。 5km近くの防波堤,12の深水停泊所,石油タンカー専用埠頭などがあり,1万 4000tの船舶が入港できる。鉄道と道路がアクラを経て北上,ボルタ川開発計画地と結ばれ,またクマシを経て西行,アワソなどボーキサイト鉱山と結ばれる。港はカカオの積出港。町は工業団地と住宅から成る計画都市で,アルミニウム精錬,石油精製,自動車組立て,化学薬品,カカオ加工などの工場がある。人口 10万 9975 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テマ(Tema)

ガーナ南東部の港湾都市。ギニア湾に面する。首都アクラの東約25キロメートルに位置する。1962年に港湾が整備され、アフリカ最大級の人工港となった。ボルタ湖アコソンボダムから供給される電力により、アルミニウムの精錬が行われる。同国随一の工業都市として発展。テーマ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

テマ

中期ビザンティン帝国の軍政および属州行政組織。軍管区制と訳。7世紀以降,外民族の圧迫に対処するため,属州各地の軍団の司令官が管轄地の民政をも兼ねた制度とされる。
→関連項目ビザンティン帝国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テマ【thema】

中期ビザンティン帝国の軍制ならびに地方行政組織。最初,属州に駐屯した軍団を指し,続いて駐屯が行われた属州の地方行政一般をも軍団司令官(ストラテゴスstratēgos)が兼掌するにいたったところから,その行政管轄下にある属州そのものを意味するにいたり,小アジア(アナトリア)から始まったテマ制が完成の域に達した9世紀末,全領土は,小アジアで14,バルカンシチリア,南イタリアで12,クリミア半島南部で1のテマから成っていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テマ
てま
Tema

西アフリカ、ガーナ南東部の港湾都市。人口22万5900(2001推計)。首都アクラの東北東27キロメートルに位置し、ギニア湾に臨む。1962年に開港したアフリカ最大の人工港がある。防波堤は5キロメートルに及び、12隻を収容する係船施設、タンカー用係船施設、ドックをもち、冷凍施設、水揚げ施設を備えた漁港が隣接している。また工業・住宅用都市としてテマ開発公社が開発にあたり、アルミ・化学工場、精油所、植物油精製工場、自動車組立て工場などがあり、ガーナの工業化の拠点となっている。アクラから鉄道が通じる。[中村弘光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテマの言及

【ビザンティン帝国】より

… 古代ローマ帝国から受け継がれた国家行政機構(その起源は,共和政の共同体的役職(マギストラトゥス)よりは,元首政下で皇帝がつくりあげた家産的な役職に発する)は,時代の変化に柔軟に順応した。その代表的事例がテマ制である。ディオクレティアヌス帝は,属州駐屯の諸軍団が相次いで革命を起こし,それぞれの司令官を皇帝に推戴した3世紀の教訓にかんがみて,軍民両政を分離するとともに,従来の属州単位を細分化した。…

※「テマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テマの関連キーワードコンスタンティノス(7世)コンスタンティノス(8世)フィリピクス・バルダネスユスティニアヌス(2世)ヘラクレイオス(1世)バシレイオス[1世]ニケフォロス(1世)バシレイオス(2世)コンスタンチヌス7世バシレイオス[2世]バシレイオス(1世)ユスチニアヌス2世アナスタシウス2世アレクシウス1世ニケフォルス3世ヘラクリウス1世ケープ・コーストヘラクレイオス朝ニケフォルス1世テオドシウス3世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android