ニコライ リムスキー・コルサコフ(英語表記)Nikolai Andreevich Rimskii Korsakov

20世紀西洋人名事典の解説

ニコライ リムスキー・コルサコフ
Nikolai Andreevich Rimskii Korsakov


1844.3.18 - 1908.6.21
ソ連の作曲家,指揮者,軍人。
元・海軍大尉,元・ペテルブルグ音楽院教授。
ロシア出身。
ロシア国民楽派「五人組」の一人で、海軍士官学校に進むが在学中バラキレフに作曲を師事。1865年頃から本格的に作曲家活動を始め、交響曲第二番「アンタール」(1868年)、オペラ「プスコフの娘」(1868〜72年)で作曲家としての地位を確立。1871年海軍大尉の軍籍のままペテルブルグ音楽院教授となり、作曲と管弦楽法を講じ、1873年から10年間海軍軍楽隊指揮者を兼任。「スペイン奇想曲」(1887年)、「輝かしい日曜日」(1888年)、「サルタン皇帝の物語」(1899〜1900年)等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android