ニセタカサゴ(読み)にせたかさご(英語表記)marr's fusilier

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニセタカサゴ
にせたかさご / 偽高砂
marr's fusilier
[学]Pterocaesio marri

硬骨魚綱スズキ目タカサゴ科に属する海水魚。相模湾(さがみわん)以南の太平洋沿岸、八丈島、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾、マルケサス諸島など西太平洋、インド洋に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で、体高はやや低く、体長は体高の3.4倍以上ある。前上顎骨(ぜんじょうがくこつ)に2個の後方突起がある。上下両顎に1列の円錐歯(えんすいし)とその内側に絨毛(じゅうもう)状歯がある。背びれは10棘(きょく)14~15軟条、臀(しり)びれは3棘12軟条。背びれと臀びれの基部は鱗(うろこ)をかぶる。体は背部が緑色~青色、腹部が白色~淡紅色。体側には2条の幅広い黄色縦帯がある。上部のものは背面に沿って走り、下部のものは鰓孔(さいこう)の上端付近から背びれ軟条部中央下まで側線上、そこから側線の上方を走り、尾柄(びへい)後端上部に至る。尾びれ両葉の後端にはそれぞれ1個の黒斑(こくはん)がある。背びれの縁辺は暗色、その他のひれは白色~桃色。最大の全長は35センチメートル。沿岸の岩礁域やサンゴ礁域に群れで生息するが、むしろ陸地から離れた透明度の高い島礁域を好む。動物プランクトンを食べる。追込み網、刺網(さしあみ)などで漁獲されるが、釣りでもよくかかる。南西諸島では好まれる魚である。タカサゴと混同されていることが多いが、本種は黄色帯が側線の下方を走らないことで区別できる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android