コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニチニチソウ(日日草) ニチニチソウVinca rosea; Madagascar periwinkle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニチニチソウ(日日草)
ニチニチソウ
Vinca rosea; Madagascar periwinkle

キョウチクトウ科の一年草。ニチニチカ (日日花) ともいう。西インド原産といわれるが,観賞用として世界各地で栽培されている。茎は高さ 50cmほどで直立し,長さ6~12cmの長楕円形全縁で柄のある葉を対生する。夏から秋にかけて,上部葉腋に紅紫色または白色の花をつける。花冠の上部は5裂して平らに開き,径2~3cmとなる。各裂片は互いに重なり,下部は細長い筒状になる。果実は細長い莢状の袋果で,中に長い毛のある種子がある。インドでは古くから薬用とされている。ツルニチニチソウ (蔓日日草) は淡紫色の花をつけるヨーロッパ原産の同属の種で,子宮出血,腸出血,喀血などの止血剤とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニチニチソウ(日日草)の関連キーワードキョウチクトウ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android