コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニムルード遺跡 ニムルードいせきNimrud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニムルード遺跡
ニムルードいせき
Nimrud

イラク北部,アルマウシルの南東約 35kmにあるアッシリアの遺跡。古代名カラク。 1845~80年イギリスの A.レイヤードによって発掘され,1949年以来イギリスの M.マロワン,D.オーツらによって調査された。カラクは前 13世紀に創設され,前9~8世紀にアッシリアの首都となり,前 612年メディア軍に滅ぼされるまで軍事都市として繁栄した。はしご形の城壁の内部に雄牛像,ライオン像,有翼人面獣身像に守護された宮殿が多く建てられ,宮殿の壁面は浮彫と楔形文字で装飾されていた。またユダヤ王イェフの朝貢を示す「黒いオベリスク」や,エジプト,フェニキアの影響を示す装飾を施した象牙細工の王座,家具,装身具が数多く発掘された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニムルード遺跡の関連キーワードベドノルツミュラーβラクトグロブリンベドノルツミュラー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android