コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鹿村 おおしか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鹿〔村〕
おおしか

長野県南東部,赤石山脈の西斜面と伊那山地にある村。 1889年大河原村と鹿塩村が合体して成立。集落は中央構造線に沿う鹿塩川,青木川の谷にある。林業が行われ,南北朝期の宗良親王ゆかりの福徳寺や在所跡がある。村域の一部は南アルプス国立公園天竜小渋水系県立自然公園に属する。国道 152号線が通る。面積 248.28km2。人口 1023(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大鹿村の関連情報