コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューブランズウィック州 ニューブランズウィックNew Brunswick

翻訳|New Brunswick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューブランズウィック〔州〕
ニューブランズウィック
New Brunswick

カナダ南東部,大西洋岸諸州の一つ。州都フレデリックトン。東部はセントローレンス湾,南部はファンディ湾にのぞむ。アパラチア山系の延長部にあたり,気温の年較差が大きく,降水量も多い。森林の生育は早い。最初フランスのアカディア州の一部で,毛皮商人が頻繁に往来。次いでイギリスのノバスコシア州の一部となり,1762年セントジョン川河畔にイギリス人居住地を建設。 84年アメリカ合衆国独立後,ノバスコシア州から分離した。酪農が盛んなほか,セントジョン川流域ではジャガイモが栽培される。林業は州経済の最も大きな部分を占め,森林面積の2分の1を州が所有。漁業は林業に次いで重要で,沿岸ではイワシ,タラ,ニシン,エビを漁獲。水力総合開発はセントジョン川水系の各地で活発に行われている。工業はパルプ・製紙工業を主体とし,ほかに木製品,食料品,造船,繊維,水産加工業が行われるが,生産額は低い。 1962年バサーストに鉛,亜鉛製錬所を建設。住民はフランス系が多い。面積7万 3440km2。人口 72万 3900 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニュー‐ブランズウィック(New Brunswick)

カナダ東部にある州。18世紀には植民地拡大を競う英仏の係争地で、現在は両国語が公用語とされている。セントローレンス湾に面し、漁業・林業が盛ん。州都はフレデリクトン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ニューブランズウィック州の関連キーワードリチャード・ベッドフォード ベネットエドウィン・ヘンリー コルピッツプリンスエドワードアイランド州イギリス領北アメリカ条例マリタイム・プロビンセズドナルド サザーランドノバ・スコシア[州]アンティコスティ島マット ステアーズファンディ国立公園プレスクアイルセント・ジョンセント・ジョンコルピッツカナダ文学カナダ東部モンクトン二言語主義ティリーベネット

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューブランズウィック州の関連情報