ニョホウチドリ(女峰千鳥)(読み)ニョホウチドリ(英語表記)Orchis joo-iokiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニョホウチドリ(女峰千鳥)
ニョホウチドリ
Orchis joo-iokiana

ラン科の多年草。日本の特産種で,中部地方,関東地方北部に分布する。日光八ヶ岳戸隠南アルプスなどの亜高山帯草地に生えるが,ややまれである。根は球状に肥厚し,茎は直立して高さ 10~35cmになる。葉は1~2枚つき,長さ8~10cm,幅1~1.5cmで先はとがる。7~8月,茎の先に紅紫色の美しい花をやや偏側的に4~10個つける。包は披針形で先がとがり,萼片は3脈あって開出し,花弁は萼片よりやや短い。唇弁は3裂し,中央裂片はさらに2裂する傾向があり,花茎より後方に突き出る。和名は日光の女峰山で初めて採集されたことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android