コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸隠 とがくし

4件 の用語解説(戸隠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸隠
とがくし

長野県北部,長野市北西部の旧村域。新潟県境にある。戸隠山を中心とし,飯縄山西麓,裾花川中流域を占める。 1889年村制。 1957年柵村と合体。 2005年長野市に編入。地名の由来は天の岩戸で有名なタヂカラオノカミの子孫がこの地に来て祖先をまつったことに始まるといわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とがくし【戸隠】

長野市北西部の地名。天手力男命(あまのたぢからおのみこと)が投げた岩戸が飛んできた所という。戸隠神社所在地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とがくし【戸隠】

長野県北部、戸隠山麓にある地名。天手力男命あまのたぢからおのみことが投げた天岩戸の落ちた所という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸隠
とがくし

長野県北部、上水内(かみみのち)郡にあった旧村名(戸隠村(むら))。現在は長野市北部の一地区。1957年(昭和32)柵(しがらみ)村と合併。2005年(平成17)、豊野(とよの)町、鬼無里(きなさ)村、更級(さらしな)郡の大岡(おおおか)村とともに長野市に編入。旧村域は、北を新潟県と接し、戸隠山、飯縄(いいづな)火山に囲まれた高原地帯にあり、大部分は妙高戸隠連山国立公園域である。南部を流れる裾花(すそばな)川沿いに国道406号が通じ、飯縄山南麓(なんろく)を走る戸隠バードラインや県道もあり、長野市の中心街からはバスで40分の距離にある。戸隠神社を中心としてきた村で、中社を中心に典型的な宗教集落が形成され、宿坊、飲食店、土産(みやげ)物店が並ぶ。柵地区は純農村で、米作のほかタバコを栽培する。戸隠高原は高山植物が豊富で、戸隠森林植物園がある。ほかに戸隠スキー場、キャンプ場、牧場、戸隠そば博物館などがある。また、鬼無里地区との境にある荒倉山には、謡曲『紅葉狩(もみじがり)』の鬼女伝説の舞台となった岩屋がある。[小林寛義]
『『戸隠』(1971・信濃毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸隠の関連キーワード長野県長野市上ケ屋長野県北安曇郡池田町長野県長野市北尾張部長野県長野市北郷長野県長野市北条町長野県長野市北長池長野県長野市北堀長野県長野市桜長野県長野市鑪長野県長野市南長野

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸隠の関連情報