コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌメイリ ヌメイリ Nimeiri, Gaafar Mohamed el-

2件 の用語解説(ヌメイリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌメイリ
ヌメイリ
Nimeiri, Gaafar Mohamed el-

[生]1930.1.1. オムドルマーン
[没]2009.5.30. オムドルマーン
スーダンの軍人,政治家。ニメイリとも呼ばれるハルツーム陸軍士官学校卒業後,職業軍人となり,1969年5月のクーデターによってイスマイル・アル・アズハリの文民政権を打倒し,社会主義革命評議会議長として実権を握った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌメイリ
ぬめいり
Ja‘far Muhammad al-Nimairi (Numeiri)
(1930―2009)

スーダンの軍人、政治家。郵便配達人の息子としてオムデュルマン郊外に生まれ、陸軍士官学校を卒業。エジプトリビア西ドイツアメリカなどに留学。1969年5月クーデターにより政権を握り、革命評議会議長に就任。1971年の左派クーデターで一時失脚するが、リビアなどの支援でただちに政権に復帰し、共産主義者を粛清するとともにスーダン社会主義連合の一党制によって基盤を固め、大統領に就任。1972年には17年も続いた南部反政府勢力との武力紛争を解決するなど政治的手腕を示した。しかしその後しだいに失政が目だつようになり、南部との関係も悪化し、反政府勢力の圧力が強まるなか、1985年4月の軍部クーデターで失脚し、エジプトに亡命した。禁止されていた政党活動が解禁されたのを受け、1999年5月に帰国し、2000年12月の大統領選挙に人民労働勢力同盟(APWF)から出馬したが、現職のバシールOmar Hassan Ahmed al-Bashir(1944― )に大差で敗れた。[小田英郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌメイリの関連キーワードプレーンオムレツミドルマーカーマードルマーハーンウンムドゥルマーンオムダーマンオムオムベルマート魔法にかけられるマーリンウンム・ドゥルマーン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone