コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイポール

百科事典マイペディアの解説

ネイポール

旧英国領トリニダード島出身の作家。インド系移民の三世。ナイポールとも。生地トリニダード・トバゴのカレッジを出て,オックスフォード大学を卒業し,以後英国に居住。《神秘なマッサージ師》(1957年),《ビスワス氏の家》(1961年)ではトリニダード・トバゴのインド人社会の貧困と閉塞感を描いた。ほかに《ストーン氏とナイト爵仲間》(1973年),《自由国家で》(1971年),《暗い河》(1979年)などの長編や,《ミゲール・ストリート》(1959年)などの短編集がある。評論に《中間航路》(1962年),《インド――傷ついた文明》(1977年)ほか。2001年ノーベル文学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネイポール【Vidiadhur Surajprasad Naipaul】

1932‐
旧イギリス領トリニダード島出身の作家で,インド系移民の3世。ナイポールともいう。オックスフォード大学卒業後イギリスに居住。《神秘なマッサージ師》(1957),《ビスワス氏の家》(1961)など祖国のインド人社会の貧困と精神価値の喪失を描く社会喜劇から出発,英語による長編9冊と短編集2冊がある。第三世界各地を盛んに旅行し,《中間航路》(1962),《インド|傷ついた文明》(1977),《信仰者の中を往く|イスラム紀行》(1981)などの評論には痛烈な現実批判が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android