コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオ・バロック様式 ネオバロックようしきNeo‐Baroque style

世界大百科事典 第2版の解説

ネオバロックようしき【ネオ・バロック様式 Neo‐Baroque style】

フランスでナポレオン3世の第二帝政の出現(1852)とそのパリ改造計画(1853‐70)を契機として起こったバロック建築様式の復興をいう。ビスコンティLudovico Visconti(1791‐1853)とルフュエルHector M.Lefuel(1810‐81)は,ルーブル宮殿新館でイタリア・バロック風の彫塑的な壁面とマンサード屋根を組み合わせ,これは,いわゆる〈第二帝政式〉として流行した。また,C.ガルニエのオペラ座(1861‐74)はその豪華壮麗さで世界を驚かせ,当時帝国主義的競争の渦中にあった先進諸国は,ネオ・バロック様式こそ国家の威信を最もよく表現する建築様式とみなして,いっせいに採用するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネオ・バロック様式の関連キーワードグランドプリンスホテル高輪ラーゼニュスカーコロナーダクリスチャンスボー城クリスチャンボー城オペラ座[パリ]ベルリン大聖堂オペラガルニエボーデ美術館プーラルト国会議事堂ペピング片山東熊鹿鳴館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android