コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール仏教 ネパールぶっきょう

1件 の用語解説(ネパール仏教の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネパールぶっきょう【ネパール仏教】

ネパールにおける仏教をいう。ネパールに土着していた民族は,元来チベット系であったとされるが,リッチャビ族などインド系の人々の流入に伴い,彼らが信仰していた仏教がこの地に定着するにいたった。7世紀前半ネパールからチベットに入嫁したティツゥン妃はトゥルナン寺という仏教寺院を建立し,8世紀後半以来仏教がチベットに正式導入されてチベット仏教(ラマ教)が成立,発展するが,その過程でネパール仏教は重要な役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネパール仏教の関連情報