コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウィソンチ Nowy Sącz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウィソンチ
Nowy Sącz

ポーランド南部,マウォポルスキェ県の都市。クラクフの南東約 75km,カルパート山脈北麓,ウィスワ川支流ドゥナイェツ川沿いに位置する。1292年ワーツラフ2世によって建設され,ハンガリーとの交易の中心地として発展。第2次世界大戦ではドイツ軍の占領下に置かれ,多くの住民がナチスの手で殺された。中世から絵画の題材となってきた景勝地に恵まれ,多くの古い建物がよく保存されており,ポーランドの優れた観光地の一つとなっている。交通の要地で,鉄道車両,バスの修理工場があるほか,食品加工,木工,繊維,皮革など各種の工業が行なわれる。人口 8万4477(2002)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android