ノコギリクワガタ(読み)のこぎりくわがた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノコギリクワガタ
のこぎりくわがた / 鋸鍬形虫
[学]Prosopocoilus inclinatus

昆虫綱甲虫目クワガタムシ科に属する昆虫。日本各地および朝鮮半島に分布する。体長は雄36~71ミリメートル、雌24~30ミリメートル。黒褐色から暗赤褐色のクワガタムシで、光沢はやや鈍い。雄の大あごは強大で、小形のときはまっすぐ前へ伸びて内側に鋸状に歯があるが、大形になると牛角状に湾曲し、内側の歯は先半分だけになり不ぞろいになる。成虫は7、8月ごろ低山地から平地に多く、クヌギ、ナラ、ヤナギなどの樹液に集まり、夜灯火にもくるが、幼虫は広葉樹の朽ち木の中にすみ、2、3年かかって成虫になる。伊豆諸島の八丈島や琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)にはそれぞれ近縁の別種がいる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノコギリクワガタの言及

【クワガタムシ(鍬形虫)】より

…雌雄による大あごの相違は体の大きい種において顕著であるが,同一種の雄の中にも個体差が見られるものがある。ノコギリクワガタProsopocoilus inclinatus(イラスト)の大あごは大歯型,中間型,小歯型に大別できる。幼虫の多くは広葉樹の枯木や朽木に穿孔(せんこう)するが,御蔵島産のミクラミヤマクワガタLucanus gamunusのようにイネ科植物が生えた土壌中に生息する種もいる。…

※「ノコギリクワガタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノコギリクワガタの関連情報