コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノックオン ノックオンknock on

デジタル大辞泉の解説

ノック‐オン(knock on)

ラグビーで、手や腕などの上半身(首から上を除く)にボールが当たってから前方へ落とすこと。反則とされ、相手ボールのスクラムになる。
原子核高エネルギー核子が衝突したとき、核内の核子の一部が核外へたたき出される現象。
高エネルギーの荷電粒子が原子や分子をイオン化することで、高速の二次電子がたたき出される現象。またこの二次電子δ(デルタ)線という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ノックオン【knock-on】

ラグビーで、選手がボールを相手方のデッドボール-ライン方向に、手や腕で押し進める反則。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のノックオンの言及

【ラグビー】より

…5メートルスクラムfive meters scrumゴールラインから5mの地点で組まれるスクラム。キャリーバック,ヘルドインゴール,インゴールで攻守いずれが先にボールをつけたかわからないとき,自陣インゴールでノックオン,スローフォワードを犯した場合に行われる。コンバートconvertゴールをねらったボールが,クロスバーの上を越えてゴールに入ること。…

※「ノックオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノックオンの関連情報