ノックオン(英語表記)knock on

デジタル大辞泉の解説

ノック‐オン(knock on)

ラグビーで、手や腕などの上半身(首から上を除く)にボールが当たってから前方へ落とすこと。反則とされ、相手ボールのスクラムになる。
原子核に高エネルギーの核子が衝突したとき、核内の核子の一部が核外へたたき出される現象。
高エネルギーの荷電粒子が原子や分子をイオン化することで、高速の二次電子がたたき出される現象。またこの二次電子をδ(デルタ)線という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ノックオン【knock-on】

ラグビーで、選手がボールを相手方のデッドボールライン方向に、手や腕で押し進める反則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

ノックオン

ラグビーにおける反則の一つ。選手の手や腕など、首から上を除く上半身に触れたボールがその選手の攻撃方向に向かって落ちた時や、別の選手の身体に触れた場合にノックオンとなる。反則が認められると審判によってプレーが中断され、ボールは反則を受けた側のものとなり、ノックオンが発生した地点でスクラムを組んで試合を再開する。ただし、インゴールまたはゴールラインから5メートル以内でノックオンが発生した際は、ゴールラインから5メートルの地点でスクラムを組む。また、ラインアウトでノックオンが発生した場合は、タッチラインから15メートルの地点でスクラムを組む。また、ボールをキャッチする意図なく相手のボールをはたいたり、無理にカットしたりすることでノックオンが生じた場合は故意のノックオンと見なされ、相手側のペナルティキックで試合が再開される。

(2019-10-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ノック‐オン

〘名〙 (knock-on) ラグビーで、反則の一つ。ボールが手や腕に当たった後、落ちたボールを相手側ゴール方向に進めてしまうこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のノックオンの言及

【ラグビー】より

…5メートルスクラムfive meters scrumゴールラインから5mの地点で組まれるスクラム。キャリーバック,ヘルドインゴール,インゴールで攻守いずれが先にボールをつけたかわからないとき,自陣インゴールでノックオン,スローフォワードを犯した場合に行われる。コンバートconvertゴールをねらったボールが,クロスバーの上を越えてゴールに入ること。…

※「ノックオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノックオンの関連情報