ノドグロ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノドグロ

正式名はアカムツだが、のどが黒いことからノドグロと呼ばれる。体長20~30センチ程度で、赤い背中に腹は銀色をしているのが特徴。北陸山陰など日本海沿岸に多く、水深100~200メートルの砂泥域を好む。食用として人気は高く、市場では高値で取引されている。

(2016-04-10 朝日新聞 朝刊 富山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノドグロ
のどぐろ / 喉黒

口腔(こうこう)が黒い魚の通称。ノドクロともいう。一般的にアカムツの地方名として山陰・北陸地方などで用いられている。アカムツは全長23センチメートルぐらいになる底魚で、目が大きく、体は赤色、第1背びれや尾びれの後縁が黒いのが特徴。煮魚にすると美味。
 また、神奈川県、千葉県などではマルソウダガツオ、ヒラソウダガツオをさす。そのほか、秋田県ではキンメモドキ、新潟県ではタマガシラ、東京都・神奈川県ではマアジ、ユメカサゴ、静岡県ではイソアイナメ、山口県ではムツの成魚などいろいろな魚をノドグロとよんでいる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノドグロの関連情報