ノドグロ(読み)のどぐろ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ノドグロ」の解説

ノドグロ
のどぐろ / 喉黒

口腔(こうこう)が黒い魚の通称。ノドクロともいう。一般的にアカムツの地方名として山陰・北陸地方などで用いられている。アカムツは全長23センチメートルぐらいになる底魚で、目が大きく、体は赤色、第1背びれや尾びれの後縁が黒いのが特徴。煮魚にすると美味。

 また、神奈川県、千葉県などではマルソウダガツオヒラソウダガツオをさす。そのほか、秋田県ではキンメモドキ、新潟県ではタマガシラ、東京都・神奈川県ではマアジユメカサゴ、静岡県ではイソアイナメ、山口県ではムツの成魚などいろいろな魚をノドグロとよんでいる。

落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例