コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノバク・ジョコビッチ のばく・じょこびっち

知恵蔵miniの解説

ノバク・ジョコビッチ

男子プロテニス選手。1987年5月22日、セルビア・ベオグラード生まれ。188センチ、80キロ。愛称「ノール」(Nole)。4歳からテニスを始め、2003年、16歳にしてプロ入り。06年「ウィンブルドン選手権」で4回戦進出を果たす。同年「オランダ・アメルスフォールト大会」で初優勝。07年3月「マイアミ・マスターズ」でATPマスターズシリーズ初優勝。同年8月「カナダ・マスターズ」の優勝によりATPマスターズシリーズ2勝目をあげる。08年1月「全豪オープン」を制し、4大大会初優勝を達成。同年8月の北京五輪では銅メダルを獲得した。11年には、「全豪オープン」で3年ぶりに優勝し、続く「ドバイ・テニス選手権」「マドリード・マスターズ」などを制し、年間41連勝(歴代2位)の偉業を達成した。さらに同年、「ウィンブルドン選手権」で初優勝し、世界ランク1位となる。さらに同年は「全米オープン」でも優勝し、年間獲得賞金の当時最高記録を打ち立てた。12年、「全豪オープン」で優勝し、ロンドン五輪では旗手を務めたがメダルは逃す。続く「カナダ・マスターズ」「チャイナ・オープン」「上海マスターズ」で優勝。13年1月、「全豪オープン」で優勝し、四大大会通算6勝目をあげた。

(2013-1-29)

ノバク・ジョコビッチ

男子プロテニス・プレーヤー。1987年5月22日生まれ。セルビアのベオグラード出身。身長188cm、体重80kg、右利き。4歳の夏からテニスを始め、14歳の時、シングル、ダブルス、団体戦のいずれでもヨーロッパ・チャンピオンとなる一方、ワールド・ジュニア・チャンピオンシップでは、当時のユーゴスラビア代表として、団体戦で銀メダルに輝く。02年U-16カテゴリーのヨーロッパ・チャンピオン。03年プロプレーヤーに転向。以降、ATPツアーに参戦し、ロジャーズ・マスターズ優勝(07年)、全豪オープン優勝(07年)、全米オープン優勝(11年)、全英オープン(ウインブルドン)優勝(11年)など、輝かしい戦績を収めている。14年7月、ジョコビッチは世界四大テニス大会の一つである全英オープンで、3年ぶり2度目の優勝を果たした。四大大会での優勝は7度目。男子プロテニス協会(ATP)のランキングで、14年7月7日現在、1位。

(2014-7-8)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

ノバク・ジョコビッチの関連キーワード生涯グランドスラムユニクロ対決錦織圭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノバク・ジョコビッチの関連情報