コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノバソファラ ノバソファラNova Sofala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノバソファラ
Nova Sofala

旧称ソファラ。モザンビーク中東部,インド洋にのぞむ港町。ベイラの南南西約 50kmに位置。ソファラは 11世紀以来アラブ国家の首都で,ジンバブエ遺跡を残した王国の金の輸出港として知られた。 1502年にバスコ・ダ・ガマがインドからの帰路に寄港し,ソロモン王の求めた古代の産金地オフィールに擬し,シバの女王の都と考えた。 J.ミルトンの『失楽園』にも登場する。 05年にポルトガルが占領。港は土砂の堆積とベイラ港の建設 (1891) により衰微。現在は砂糖,コプラなどを積出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android