コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボタン科 ノボタンかMelastomataceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボタン科
ノボタンか
Melastomataceae

双子葉植物フトモモ目の1科。新旧両大陸の熱帯から亜熱帯にかけて 240属 3000種も知られる大きな科で,高木から草本,つる性の種類までさまざまである。生育環境も多様で,熱帯雨林から水湿地,さらに南アメリカのアンデス山系では高山帯樹木限界にまで達している。茎はがあって角張るものが多い。葉は単純葉であるが縦に紡錘状に走る3~5本の葉脈が非常に特徴的である。花は放射相称両性花で,萼片,花弁とも4~5枚,萼筒は子房と癒着し縦に数本の稜が並ぶ。おしべは通常,花弁の2倍数であり, (やく) につく突起物が目立つ。果実は蒴果または液果で多数の細かい種子がある。日本では琉球列島小笠原諸島ノボタンMelastomaが自生するほか,ハシカンボク属 Brediaの数種も琉球列島に分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノボタン科の関連キーワードシコンノボタン(紫紺野牡丹)Melastomaハシカン(波志干)ヘテロセントロンタンギモウジア湖シルパス泥炭ヒメノボタンベルトロニアハシカンボク紫紺野牡丹メディニラ八千代椿細葉芍薬二十日草白王獅子姫野牡丹メジニラ獅子牡丹波志干木花大臣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android