コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹木限界 じゅもくげんかいtimber line

翻訳|timber line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樹木限界
じゅもくげんかい
timber line

高木限界ともいう。環境条件の変化のため樹木の生育が不可能となる限界線。森林限界の外側に樹木が疎生する推移帯があり,それを樹木限界が画するのが普通。高山や高緯度地方では低温,湿原では土壌水分過剰,砂漠やサバナでは水分不足,風衝地では強風が限界をつくる要因となる。北極圏では針葉樹の森林限界の北にカンバ類,ハンノキ類,ヤナギ類,ポプラ,針葉樹が疎生するツンドラ帯があり,樹木限界を経て木のないツンドラに続く。日本の本州中部の高山では標高 2000mぐらいの森林限界の上部にダケカンバオオシラビソが抵抗形を示して疎生し,その上限が樹木限界で真の高山帯に続く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の樹木限界の言及

【高木限界】より

…環境条件が地域的に変化し,高木の生育に不適な状態になるため,高木が直立状で分布できなくなる限界線で,樹木限界ともいう。高緯度・高山での低温・強風・多雪,砂漠での乾燥,湿原での過湿,山頂・海岸での強風・乾燥など生育環境が厳しくなったり,生育期間が短くなると樹木の生育が困難になる。…

※「樹木限界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

樹木限界の関連キーワードノースウェスト・テリトリーズオーストラリア・アルプスパイクス・ピーク[山]スノーウィー山地タイランチョウブルックス山脈デナリ国立公園ツンドラ気候ノボタン科湿草地泥炭温量示数アルプス高木限界寒帯

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android