コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボリリュウ

世界大百科事典 第2版の解説

ノボリリュウ

長い柄の先に鞍(くら)をのせたような形をしている子囊菌類の盤菌類チャワンタケ目ノボリリュウ科のキノコをさす。鞍形の頭部は柄である茎の上部を両側から挟む形でついており,その表面に胞子が無数に形成される。胞子ができる部分を子実層といい,子囊が並んで密生している。真正のノボリリュウHelvella crispa Fr.は,円柱状の柄の部分に縦ひだがあり,鞍の下縁が柄から離れ,全体が白い。これに似て,全体が黒く,鞍の下縁が一部,柄に付着しているのがクロノボリリュウH.lacunosa Afz.ex Fr.(イラスト)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボリリュウ
のぼりりゅう / 昇竜
[学]Helvella crispa Fr.

子嚢(しのう)菌類、チャワンタケ目ノボリリュウ科の食用キノコ。高さ5~12センチメートル。頭、茎の2部からなり、頭部は不規則にゆがんだ馬の鞍(くら)形で、表面は白ないし淡黄色。肉は薄い。茎には、縦に走るえぐれた溝が幾筋もある。頭部の上面には子実層が発達する。胞子は楕円(だえん)形で無色。大きさは15~20マイクロメートル×9~12マイクロメートル。夏から秋、林内の地上に発生する。分布は広く、日本全土をはじめ、世界各地。ノボリリュウに似たものに、全体が黒または黒っぽいクロノボリリュウ(クロアミガサタケ)H. lacunosa Fr.、やや小形で茎が細い円柱状のアシボソノボリリュウH. elastica Fr.、やや大形で朽ち木に生え、頭部は黄褐色ないし赤褐色のトビイロノボリリュウ(ヒグマアミガサタケ)H. infula Fr.などがある。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノボリリュウの関連キーワードアミガサダケ(編笠茸)アシボソノボリリュウノボリリュウ(昇竜)シャグマアミガサタケ子嚢菌類昇り竜

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android