ノラ ケイ(英語表記)Nora Kaye

20世紀西洋人名事典の解説


1920 - 1987.2.28
米国のバレリーナ
ニューヨーク生まれ。
本名ノラ・コレット
15才でアメリカン・バレエ・シアターのレギュラーメンバーとなり、「火の柱」、「フォール・リバー物語」に出演し脚光を浴びる。ニューヨーク・シティ・バレエ団に1951年から数年間在籍、「」等を踊る。’61年に引退しその後は後進の指導や、映画監督である夫のハーバートロスの映画プロデューサーとして「愛と喝采の日々」、「ニジンスキー」等で活躍。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android