コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルハイム ノルハイムNordheim, Sondre

1件 の用語解説(ノルハイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルハイム
Nordheim, Sondre

[生]1825頃. モルゲダール
[没]1897.
ノルウェーのスキー選手。新しい滑走法やスキーの形状,スキー用具を開発してスキー競技の発展に貢献し,「近代スキーの父」と呼ばれる。1860年に世界で初めて靴とスキーを固定するバインディングシステムを考案した。靴をスキーに固定するため,つま先止めの両側からかかとまでヤナギやフジ,カバの木の根を巻きつけ,スキーをはずれにくくした。スキーの締め具のさきがけとなるこの工夫がスキーに革命をもたらし,ジャンプを可能にした。1866年テレマルクで行なわれた世界初のジャンプ競技に出場し,優勝した。1870年,今日のスキーの原型となった,中央部分の幅が狭く,前後の方向に向かってなめらかな曲線を描いて広くなるサイドカーブつきのスキーを世界で初めて考案した。また,スキーの基本的なターンであるシュテムターンシュテム)を開発した。1850年新しい滑走法のパラレルターンを世界で初めて披露した。1868年には友人とともに,ノルウェーのテレマルクからクリスチャニアまでの 322kmをスキーで滑降し,道中ジャンプで 18mも飛んだ。(→アルペンスキーノルディックスキー

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノルハイムの関連キーワードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧ボリビアJアダムズお染古史伝税所敦子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone