コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルハイム Nordheim, Sondre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルハイム
Nordheim, Sondre

[生]1825頃. モルゲダール
[没]1897.
ノルウェーのスキー選手。新しい滑走法やスキーの形状,スキー用具を開発してスキー競技の発展に貢献し,「近代スキーの父」と呼ばれる。1860年に世界で初めて靴とスキーを固定するバインディングシステムを考案した。靴をスキーに固定するため,つま先止めの両側からかかとまでヤナギやフジ,カバの木の根を巻きつけ,スキーをはずれにくくした。スキーの締め具のさきがけとなるこの工夫がスキーに革命をもたらし,ジャンプを可能にした。1866年テレマルクで行なわれた世界初のジャンプ競技に出場し,優勝した。1870年,今日のスキーの原型となった,中央部分の幅が狭く,前後の方向に向かってなめらかな曲線を描いて広くなるサイドカーブつきのスキーを世界で初めて考案した。また,スキーの基本的なターンであるシュテムターン(シュテム)を開発した。1850年新しい滑走法のパラレルターンを世界で初めて披露した。1868年には友人とともに,ノルウェーのテレマルクからクリスチャニアまでの 322kmをスキーで滑降し,道中ジャンプで 18mも飛んだ。(→アルペンスキーノルディックスキー

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノルハイムの関連キーワードオスロ・オリンピック冬季競技大会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android