コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルビト Cyprian Kamil Norwid

世界大百科事典 第2版の解説

ノルビト【Cyprian Kamil Norwid】

1821‐83
ポーランドの詩人,画家。ほとんど一生を国外の流浪に費やし,パリの養老院で死去。時代の潮流にかかわらず抒情詩の新世界を独自に開拓した。芸術家や歴史上の人物に取材した作品に優れたものが多い。創造活動全般にわたって,カトリシズムを基本とする倫理観による文明批判が重要な要素となっている。生前は認められず,出版されたものも少ない。20世紀に入り極めて高く評価され,ポーランドで《著作集》2巻(1966)が刊行されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノルビトの関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術教養小説アイスランド火山噴火千葉ののり長久保赤水

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone