養老院(読み)ヨウロウイン

百科事典マイペディアの解説

養老院【ようろういん】

老人を収容,救護する施設。民間施設としては日清戦争後から始められ,公的機関としては1932年施行の救護法に基づいて設置され,65歳以上の生活困窮者を収容,救護した。現在は老人ホームの名で制度化。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようろういん【養老院】

身寄りのない老人や種々の理由で家庭生活を過ごせない老人を収容・保護する施設。歴史的にみると,この種の施設の設立には宗教的慈善行為があずかっている。キリスト教の浸透にともない,身寄りのない老人を含む貧民を教会,修道施療院が世話していた中世ヨーロッパでは,13世紀以降,個人の喜捨や兄弟団によって都市に養老院がつくられた。また,儒教の教典《礼記(らいき)》王制篇などで為政者の仁愛が説かれる中国では,北宋末の12世紀初め,救貧政策の一環として全国の府州県に居老院(養老院)が設けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の養老院の言及

【もてなし】より

…巡礼はその疲労のためにも発病したが,また病気のゆえに巡礼に出た(とくに癩患者)。このため古いホスピタリティの延長上に,教会のもとで,病院(ホスピタルhospital)と宿泊所ないし救貧院,養老院(ホスピスhospice)が発展した。〈どんな目的でやって来た者にでも〉家を開く能力が私人に失われるとともに,犯罪人や政治亡命者を含む緊急避難者を保護する機能も教会のものとなり,これには教会の世俗権力に対する独立性の主張が関連している(アジール)。…

【老人】より

…財産のある者はあらかじめ修道院に土地などを寄進し,年老いたときには衣食住を修道院でまかなってもらうことができた。中世都市もこのような制度をとり入れて,養老院を建設しているが,それらはニュルンベルクのメンデル家の養老院のように定員12人くらいの小規模なものであり,慈善活動としての性格が強い。慈善事業【阿部 謹也】。…

【老人ホーム】より

…大別すると,老人福祉法にもとづく社会福祉施設としての老人ホームと,一般に有料老人ホームといわれている営利を目的としたものとがある。今日の老人ホームの前身は,身寄りのない貧しい老人を収容保護した養老院である。日本最初の老人専用の収容施設で,かつ最初に養老院の名称を用いたのは,イギリス人エリザベス・ソーントンが1895年に女性老人のみを対象として東京市芝区に設立した聖ヒルダ養老院である。…

※「養老院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養老院の関連情報