コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノロミジンコ ノロミジンコLeptodora richardi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノロミジンコ
Leptodora richardi

鰓脚綱双殻目ノロミジンコ科 Leptodoridae。体長は 1cmほどで,ミジンコ類中の最大種。体は透明感のある細長い円筒形で,丸い頭部のほとんどを大きな複眼が占める。第2触角は大きく,遊泳に役立つ。背殻は小さな嚢状で,胸部末端に付着しているにすぎない。ノロミジンコ科は 1属のみで,ノロミジンコ属は 2種が知られている。滋賀県の琵琶湖や茨城県の霞ヶ浦に多産する種には L. kindtii の学名が与えられていたが,2009年にアムール川流域から記載された L. richardi とされる。運動は非常にゆるやかであるが,昼夜の垂直移動が顕著である。(→甲殻類鰓脚類節足動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノロミジンコ【Leptodora kindtii】

北半球に広く分布し,大きい湖で見られるプランクトン。円筒状の体をした大型のミジンコ。枝角目ノロミジンコ科の甲殻類。体は無色透明で,細長い円筒状をしており,体節が明りょうに認められる。頭部は細長く,まるい頂端に大きな複眼がある。6対の胸脚は細長い歩脚状をしており,えらをつけていない。背甲は胸部背面に小さな囊状の付属物となってついており,育房としての働きを果たすだけである。体長が15mm以上にもなるなど,他のミジンコ類と非常に異なった形態をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノロミジンコの関連キーワード北半球

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノロミジンコの関連情報