コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノロミジンコ ノロミジンコ Leptodora richardi

2件 の用語解説(ノロミジンコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノロミジンコ
ノロミジンコ
Leptodora richardi

鰓脚綱双殻目ノロミジンコ科 Leptodoridae。体長は 1cmほどで,ミジンコ類中の最大種。体は透明感のある細長い円筒形で,丸い頭部のほとんどを大きな複眼が占める。第2触角は大きく,遊泳に役立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノロミジンコ【Leptodora kindtii】

北半球に広く分布し,大きい湖で見られるプランクトン。円筒状の体をした大型のミジンコ。枝角目ノロミジンコ科の甲殻類。体は無色透明で,細長い円筒状をしており,体節が明りょうに認められる。頭部は細長く,まるい頂端に大きな複眼がある。6対の胸脚は細長い歩脚状をしており,えらをつけていない。背甲は胸部背面に小さな囊状の付属物となってついており,育房としての働きを果たすだけである。体長が15mm以上にもなるなど,他のミジンコ類と非常に異なった形態をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノロミジンコの関連キーワード北半球ゾウミジンコセダム鈴鴨卵天狗茸クサフジキベリタテハシモフリゴケタンジームシゴケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone