コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰓脚類 さいきゃくるい branchiopod

3件 の用語解説(鰓脚類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰓脚類
さいきゃくるい
branchiopod

鰓脚綱 Branchiopodaとしてまとめられる甲殻類の総称。サルソストラカ亜綱 Sarsostracaと葉脚亜綱 Phyllopodaに分けられる。現生の甲殻類のなかで原始的な体制をもつ一群で,約 1200種が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいきゃく‐るい【×鰓脚類】

鰓脚目の甲殻類の総称。カブトエビミジンコホウネンエビなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいきゃくるい【鰓脚類】

薄い分枝した葉状の遊泳脚をもつ原始的な小型甲殻類で,鰓脚亜綱Branchiopodaに属するものの総称。おもに淡水産であるが,少数の海産の種類も含む。胴節に形態的分化がほとんど見られないことなどから,現生の甲殻類のうちではカシラエビ類に次いで原始的であると考えられている。葉状の遊泳脚にはえらを備え,同時に呼吸器としての役割も果たしている。背甲は無甲類を除き発達している。通常ノープリウス眼のほかに複眼をもち,複眼は有柄か,または皮下に埋もれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鰓脚類の関連キーワード皮翼類海老原始時代原始的遊泳動物葉状原始的反応鞭毛虫ジャーマン・スピッツ・ミッテル資本の原始的蓄積

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone