コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートルダムドラソンプシオン大聖堂 ノートルダムドラソンプシオンダイセイドウ

1件 の用語解説(ノートルダムドラソンプシオン大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノートルダム‐ド‐ラソンプシオン‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ノートルダムドラソンプシオン大聖堂】

Cathédrale Notre-Dame de l'Assomption》フランス中南部、オーベルニュ地方、ピュイ‐ド‐ドーム県の都市クレルモンフェランの旧市街にあるゴシック様式の大聖堂。13世紀から14世紀にかけて建造された。近郊の火山の溶岩を石材として用いたため、外観が黒ずんで見える。パリのサントシャペルを模したというステンドグラスがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ノートルダムドラソンプシオン大聖堂の関連キーワード聖堂フルビエール寺院花のノートルダムノートルダム・ド・パリノートルダムのせむし男我々のファウストプチサブロン広場トモエ学園

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone