コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートルダムドラソンプシオン大聖堂 ノートルダムドラソンプシオンダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ノートルダム‐ド‐ラソンプシオン‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ノートルダムドラソンプシオン大聖堂】

Cathédrale Notre-Dame de l'Assomption》フランス中南部、オーベルニュ地方、ピュイ‐ド‐ドーム県の都市クレルモンフェランの旧市街にあるゴシック様式の大聖堂。13世紀から14世紀にかけて建造された。近郊の火山の溶岩を石材として用いたため、外観が黒ずんで見える。パリのサントシャペルを模したというステンドグラスがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ノートルダムドラソンプシオン大聖堂の関連キーワードノートルダム大聖堂サンテチエンヌ大聖堂サンピエール大聖堂アミアン大聖堂ストラスブール大聖堂ノートルダム寺院ノートルダムデュピュイ大聖堂ランス大聖堂ルーアン大聖堂オーセール大聖堂

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android