コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートルダムドラペ礼拝堂 ノートルダムドラペれいはいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ノートルダムドラペれいはいどう【ノートルダムドラペ礼拝堂】

フランス北部、シャンパーニュ地方の中心都市ランス(Reims)にある礼拝堂。ランス駅から約1kmの場所にある。エコールドパリ(パリ派)の日本人画家、藤田嗣治(つぐはる)(レオナール藤田、1886~1968年)が洗礼親のルネ・ラルーの依頼を受けて設計し、内部のフレスコ画やステンドグラスや彫刻などの装飾も彼自身が手がけた。◇「フジタ礼拝堂」ともいう。藤田はフランスで有名な日本人画家で、1968年1月29日にスイスのチューリヒで癌(がん)で死去した後、遺体はパリの郊外に葬られたが、その後、この礼拝堂に改葬された。2009年に東京で没した君代夫人も、遺言により夫の眠るランスのフジタ礼拝堂に埋葬された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ノートルダムドラペ礼拝堂の関連キーワードステンドグラスチューリヒ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android